自然にも木にも優しい木「葉枯らし天然乾燥材」と共に暮らす伐採、製材、大工、設計士の集まり、天竜T.S匠の会の日記。 全ての顔が見える家づくりです。 木造住宅を考える人へ、少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都田建設さんで構造の住宅見学会がありました

先日の土日に都田建設さんで住宅の構造見学会が行われ、少し見に行ってきました。

構造 住宅 見学会
南側の吹き抜け2階の開口部から光が降り注ぎ(予定(汗、当日は危険なので塞いでました)、天然乾燥の杉がほのかに香り、良い住宅の環境だなと感じました。

そのほかに関心したのが、多くのお客さんが見学会に来ていることでした。
そのお客さんも気軽にお越し下さっている様子で、スタッフの対応も良く、勉強になるところがいろいろありました。
定期的に勉強会もやっているとのことですので、匠の会の皆さんの話も聞きつつ、行ってみるのもよいかもしれません。

スポンサーサイト

関西大学に行ってきました。

今回は遠出をしまして、関西大学まで行ってきました。
目的は写真左側にニュッと飛び出してる謎(?)の建造物が目当てです。

関西大学PAJ
そびえ立つ謎の建造物。
近所の子供連れの夫婦も「なんだあれは?」の様子で見てました。

関西大学PAJ2
近づくとこんな感じで、高さは15?20mあります。

この建造物はプロジェクトアドベンチャージャパンさんが私たちの丸太を使って立てたアドベンチャー施設です。(もちろん命綱をつけて行います)
簡単に言えば、巨大なアスレチックと言えばいいでしょうか。
グループ研修などで用い、高さからの恐怖心に打ち勝つ勇気やグループ内で互いに励ましあって達成した時の団結力などを磨くことができる施設です。

関西大学PAJ3
他にも地上10m越えの1本橋(それも足元はワイヤーで作られているので揺れる)や

関西大学PAJ4
80mもあるターザンロープなどもありました。
写真はターザンロープの終点地点で、プロジェクトアドベンチャージャパンの前田さんが作業しています。

もちろん、高いところ意外にも低いところの施設もありました。
ちょっと体験してみたかったのですが、まだ作業中でできませんでした。
此処は関西大学の施設なので一般の人は体験できないようですが、他の場所にも同じような施設があり、底は一般の方でもお金を払えばできるとのことでした。
プロフィール

tstakumi

Author:tstakumi
天竜T.S匠の会は、木のふるさとから始まる体験型の家づくりを提案しています。
詳細は
天竜T.Sドライシステム協同組合
のHPをご覧下さい。

Twitter始めました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。